2020年11月美味しいワイン会



今回の美味しいワイン会は、フランス『コート・デュ・ローヌ地方』をテーマに開催しました。


『コート・デュ・ローヌ地方』はフランス南東部ヴィエンヌからアヴィニョンアまで南北200㎞の産地。

ローヌ川河両岸にブドウ畑が広がる中央部のモンテリマール平野を境に『北部地区』『南部地区』に分かれます。



スイス・アルプスから発するローヌ川は、西に向かって流れ、フランスのリヨンの北側でソーヌ川と合流します。


そこから南下して地中海を目指しますが、そのローヌ川沿いで、ローマ時代に交通の要所として栄えたヴイエンヌから、14世紀に法王庁が置かれていたアヴィニョン近辺までの南北約200kmにわたるローヌ川の両岸にローヌ渓谷のぶどう畑が広がります。



コート・デュ・ローヌのワインはフランスのAOC(原産地呼称ワイン)の産地としては

第2位の規模を誇ります。

南の産地らしく、『赤とロゼワイン』が生産量の大半を占めています。


北部と南部に分かれ、景観も気候も異なり、北部ではシラーが花開き、南部はグルナッシュを中心に複数の品種をアサンブラージュ(ブドウの品種をブレンドすること)してワインを生み出しています。



歴史

14世紀のローマ法王のアヴィニョンへの法王庁移転で、1309~1377年まで、4代にわたるローマ法王がアヴィニョンに移住しました。


歴代の法王は、アヴィニョンに法王庁宮殿を建設し、その近郊に夏の居城も建設。

その周辺では古くからぶどう栽培は行われていましたが、法王の移住を契機に、ワイン造りは飛躍的に発展し、法王のワイン『ヴァン・デュ・パプ』として知られるようになり、現在ではローヌ地方南部を代表する上質ワイン『シャトー・ヌフ・デュ・パプ』の産地となりました。


セプタントリオナル(Septentrional)〔北部地区〕

ヴイエンヌからヴァランスまでは、ローヌ川両岸の、狭く急な斜面にぶどう畑が広がり、南部地区ほどぶどう品種は多様ではなく、黒ぶどうは『シラー種』だけが認められています。


ヴァランスを越えると、ローヌ川から少し離れた東部にディーの産地が広がり、

『エルミタージュ』『コート・ロティ』がこの地域の代表格のワインとして知られます。


メリディオナル(Meridional)〔南部地区〕

ローヌ南部は多様な土壌で、ぶどう品種も種類が多く、複数のぶどう品種をアサンブラージュしてワインを生み出します。

『シャトーヌフ・デュ・パプ』を筆頭とし、一部のAOCは、天然甘口ワイン(VDN)で名声を築きました。


ローヌ全域のAOC

南部地区を中心に、地域名AOCのコートデュ・ローヌCote du Rhoneと村名AOCのコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュCote du Rhone Villagesのワイン産地が広がっています。


コートデュ・ローヌCotes du Rhone

このアペラシオンだけで、コート・デュ・ローヌ全体のAOCワイン生産量の約半分を占めている。

赤ワインが多く造られ、北部地区ではシラーが主要品種となり、南部地区ではグルナッシュを40%以上含まなければなければなりません。


コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュCote du Rhone Villages

ドローム、ヴォークリューズ、ガール、アルデッシュ県下90のコミューン(村)を産地としますが、なかでも際立った特徴を持つ18の村に関しては、コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの後に個々の村名を表記することが認められています。


ローヌ北部地区は大陸性気候で湿気が多く、土壌は花崗岩質または片岩質、ローヌ河右岸に主要産地が集中するのが特徴です。赤ワイン用の主要品種はシラー種。