2020年12月 美味しいワイン会

今回の美味しいワイン会は、フランス『ブルゴーニュ地方南部地区』をテーマに開催しました。 

ブルゴーニュは、ボルドーと共に、フランスの誇る大銘醸地。

ワイン造りの歴史は古く、ローマ時代にまで遡ります。


銘醸地として双璧をなすボルドーワインが「ワインの女王」と呼ばれるのに対し、ブルゴーニュは「ワインの王様」と呼ばれ、長い歴史の中ではルイ14世ナポレオンなど、多くの王侯貴族から愛されてきたワインでもあります。


ただ、今日の名声を築く基になったのは、12世紀、シトー派修道僧による葡萄畑の開墾であるといわれています。

かのロマネ・コンティクロ・ヴージョをはじめ、銘酒は殆ど修道院が所有する畑から造られるのものでした。


ブルゴーニュと言う名称は、14~15世紀にかけてフランス王家を凌ぐほどの勢力でベルギーやオランダをも支配していたブルゴーニュ大公国だったことによるもの。


ブルゴーニュの気候は、夏は日照量が多く冬は寒さ厳しい大陸性気候はブドウ栽培に最適で、素晴らしいワインが生まれます。


この気候とこの地に適したブドウ品種と醸造法が長い時間をかけて、今日のブルゴーニュワインのスタイルを完成させました。

単一の葡萄品種でワイン造りを行われるが、変化に富む自然条件から、畑の区画ごとにミクロクリマ(微気候)が見られ、産出されるワインの多様な味わいが、ブルゴーニュワインの大きな魅力のひとつになっているのです。


産地は「6つの地区」に分けられます。


Chablis(シャブリ地区) は、 ブルゴーニュで最も北にある。北緯48度、樺太とほぼ同緯度。ブルゴーニュの首都ディジョン(Dijon)とその北西にあるパリを結ぶ線の丁度中間に位置している。辛口白ワインを代表するワイン産地。


Côte d'Or (コート・ドール=黄金の丘陵)と呼ばれるブルゴーニュきっての銘醸地は、ディションから南に約65kmに渡って絶えることなく続く葡萄畑の広がる地域で、

Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地区)、Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地区)の2地区に分けられます。


北にあるニュイ地区は赤、その南に続くボーヌ地区は白に、世界に冠たる銘酒を産する最高級ワイン生産地。 


さらに南下すると、Côte Chalonnaise (コート・シャロネー地区)とMaconnais (マコネ地区)へと続き、ワインの味わいは軽やかで、親しみやすく、コストパフォーマンスに優れた赤、白、ロゼが造られます。 


続いて、ブルゴーニュの最南端に位置する産地

(ボジョレー地区)があります。

こちらの産地は、11月の第3木曜日に解禁されるボージョレーヌーボーの産地としても知られています。

産出されるワインは、ぶどう風味豊かな、初々しい軽やかな赤の産地。

ブルゴーニュワインは一部の例外を除き、単一品種でワインが造られることが特徴です。 赤は、ピノ・ノワール。白はシャルドネ。(例外はボージョレーの赤でガメイ種)。


またブルゴーニュというブランドは高級ワイン産地として世界に名を馳せているため、

実はオーガニックでぶどうを栽培していながら、それを公表していない生産者もいます。


「オーガニック」という付加価値がなくても売れるからです。

例えば、かの有名なロマネ・コンティのぶどうもオーガニック農法で栽培されています。


などなど、ブルゴーニュは「6つの地区」それぞれ個性豊かで魅力的なワインが造られています。


今回の美味しいワイン会はそんなブルゴーニュのワイン産地の中から、親しみやすくコストパフォーマンスに優れたワインを産出するCôte Chalonnaise (コート・シャロネー地区)とMaconnais (マコネ地区)をテーマに開催。


「2地区」それぞれの特徴をもう少し詳しく・・・