検索
  • 万童 林

2022.5月開催 美味しいワイン会  『ポルトガルワインと郷土料理』



安くて高品質な瓶内二次発酵のスパークリング、この言葉を聞いて思い浮かぶのは、まず スペインのカヴァ ですよね!

今や日本でも、ビールの代わりにスパークリングワインを飲むようになった方もいらっしゃるようで、スパークの消費量はどんどん増加。まさに 「旨安スパークの王者!」 といった貫禄です!


そんなカヴァを造るスペインに、 強力なライバル が出現しました!

それはお隣の国 ポルトガル、 近年ポルトガルからはカヴァと同じくらい手頃で、 瓶内二次発酵で造られる高品質なスパークリングワイン が、日本に続々と入荷されるようになっています!


ポルトガルと言えば有名なのは酒精強化のポートワイン、普通のワインやスパークリングではあまりピンと来ないかもしれませんが、ワイン造りの歴史も古く、中には世界的な評価を受けるものも造られているのです。


「エシュプマンテ・ブランコ メトド・クラシコ・ブルート」 も、そうした評価の高いスパークリングワインの1つ。


近年急激に知名度を上げてきた、エストレマドゥーラ地方の ヴィディガル・ワインズ が造っているのですが、このワイナリーは生産量の実に 95%が輸出向け、 現在では世界中で親しまれるブランドになっています。


中でも北欧のノルウェーではとんでもない人気であり…

●ポルトガル・ワインの販売量5年連続第一位!!

という快挙を達成、その他の国でも人気の銘柄として支持を伸ばしてきました。


「the best possible wine at the lowest possible price= 可能な限り安い価格で、可能な限り最高のワインを! 」というのがヴィディガル・ワインズのモットー。


また栽培においても一部の地域を除き区画毎に品種毎の栽培を行い、その品種にあった栽培方法や収獲時期を見極め収獲を行っております。一見普通の様な事ですが、特にポルトガル・ワインは混植・混醸が伝統的な手法で今でも有名生産者がその手法を実践しております。混植は複数の品種を同時に収獲する為、品種によっては未熟だったり、または過熟した状態になります。それを同時にプールの様な大きな層に入れ、脚で踏んで葡萄を破砕します。


それはそれで「ポルトガル・ワインらしさ」と言える魅力でもありますが、目指すワインのスタイルによっては合わない方法でもあります。特に今回ご案内のスパークリングワインに使われる白葡萄は、アロマの成分や酸等の状態が丁度良いタイミングで収獲される事が理想です。こういった葡萄にとってベストな状態で栽培される事によって世界に通用する洗練された味わいのワインが産み出されます。


特にノルウェーでは5年連続ポルトガル・ワインNo.1の販売量を誇る人気銘柄として知られております。



スペインのカヴァを追随する、旨安スパークリングワインの産地として注目を集めるポルトガルですが、 ヴィディガル・ワインズはその代表格として今後も目が離せません!


ワイン種別  泡白ワイン

ぶどう品種  アリント / シャルドネ / フェルナン・ピレス

生産者  ヴィディガル・ワインズ

産地  ポルトガル

原産地呼称  DOCリスボア


ワインについて

60%アリント、20%フェルナン・ピレス、20%シャルドネ。粘土と石灰の土壌で育成された葡萄をクラシックなシャンパーニュ製法によって作られています。


複雑かつエレガントで、シトラスのフレッシュさにナッツと少々のスパイスが感じられ、長く続く後味はエレガントなムースのようで、ドライでフレッシュさが楽しめます。シーフード、肉料理、そしてパスタなどと幅広い料理に合います。8℃でのサービングが理想的です。





ワインがこんなにも巷に溢れる前から日本に輸入され、その酸味やほのかな苦み、ミネラル感から日本食との相性がバツグン、と言われるヴィーニョ・ヴェルデ。


ヴィニヴェルデ社のワインは ヴィーニョ・ヴェルデのワインに特化して 生産・流通・マーケティングに至るまで、担っている協同組合で


●まさにヴィーニョ・ヴェルデのスペシャリスト!

そんなスペシャリストが造るこのワインは、フレッシュ&フルーティが身上のヴィーニョ・ヴェルデを軸に、 よりアロマティックでミネラル豊か。


どうしてもレモンやライムの柑橘系フルーツの香り一辺倒になりがちなヴィーニョ・ヴェルデですが、このワインはトロピカルフルーツなどの、より複雑な香りを持っています


そしてただすっきりなだけではない、ハーブのニュアンスやスパイシー感まで持ち合わせ、奥行きのある


●ワンランク上の味わい!

かといってヴィーニョ・ヴェルデらしい、フレッシュ&フルーティを忘れているわけでもなく、 上位互換に正統進化したタイプ。


●アルバリーニョ使用!

ポルトガルの一部にも植えられていることは知っていましたが、やはりともいうべきハイクオリティ!そしてポルトガルらしいコストパフォーマンスの高さ!


まさにスペインとポルトガルのいいとこどり!

暑い季節にはキンキンに冷やして楽しむもよし、寒い季節には得意とする魚料理に合わせて楽しむもよし。



ワイン種別 白ワイン

ぶどう品種 アルバリーニョ / ロウレイロ

生産者 ヴィニヴェルデ

産地 ポルトガル / ヴィーニョ・ヴェルデ

原産地呼称 DOCヴィーニョ・ヴェルデ



エスペランサ・ドス・ロボス ティント 2020 ワンネス 赤 

Esperanca dos Lobos Tinto / Oneness


ワイン種別 赤ワイン

ぶどう品種 トゥーリガ・ナショナル / テンプラニーリョ / シラー

生産者 ワンネス

産地 ポルトガル

原産地呼称 DOCアレンテージョ


商品情報

ポルトガルの若き女性オーナーが注目の産地、アレンテージョにて手掛ける金賞ワイン!濃い果実味と細かなタンニンが調和した奥深い味わいです。



ムンディス ヴィニ2017で金賞受賞!

シドニー インターナショナル ワインコンペティション2018でも金賞を受賞!

今注目すべきポルトガルの土着品種で造られたコスパワイン


ラボ・デ・ガロ 2017 カーサ・サントス・リマ 赤 

Rabo de Golo / Casa Santos Lima


ワイン種別 赤ワイン

ぶどう品種 カステラン / シラー / トゥーリガ・ナショナル

生産者 カーサ・サントス・リマ

産地 ポルトガル

原産地呼称 ポルトガル


商品情報

ポルトガルの土着品種で造られたワイン

ポルトガルの土着品種カステラン、トゥーリガ ナシオナル、ティンタロリス、トリンカディラをブレンドしています。生産者のカーサ サントス リマは首都リスボンに醸造所を構える4世代続くワイナリーです。


輝かしい受賞歴

ムンディス ヴィニ2017で金賞受賞!シドニー インターナショナル ワインコンペティション2018でも金賞を受賞するメダルゲッター。品質が価格を大きく上回る超コスト パフォーマンスも素晴らしいです。


醸造

葡萄はサスティナブル農法で栽培、一部のワインを4ヶ月樽熟成を行っています。深みのあるガーネット色でブルーベリーやブラックベリーの風味とスパイスが広がります。口当たりの柔らかさと生き生きとした果実味に豊潤な酸味が溶け込み味わいに奥行きを与えています。

閲覧数:13回0件のコメント