top of page

3月開催 美味しいワイン会のブログ   【アルザスワイン産地と郷土料理】



アルザスワインの楽しみ方: 地元料理とのハーモニー

ワイン初心者でも気軽に楽しめるアルザスワインは、その特有の風味と高い品質で世界中で愛されています。Mandouの美味しいワイン会では、3月に開催した【アルザスワインと郷土料理のペアリング】について、アルザス地方のワインや地元で親しまれている郷土料理の魅力について「飲んで」「食べて」「学んで」いただきました。アルザスワインと地元の料理は、まるで古くからの友人のように絶妙に調和し、素晴らしいペアリングを楽しませてくれます。


▼目次

    - 1-1) アルザス地方の気候と土壌

    - 1-2) アルザスワインの主な品種と特性

 

    - 2-1)シュークルートとリースリングのペアリング

    - 2-2) アルザス料理とワインのペアリングのコツ

 

    - 3-1) アルザスワインを活かした料理のレシピ

    - 3-2) アルザス地方のワイナリー巡り

 




1. アルザスワインの産地特性

    - 1-1) アルザス地方の気候と土壌

    アルザス地方はフランスの東部に位置し、ドイツとの国境に近い地域です。

アルザス地方の気候と土壌についての特徴は以下の通りです:

 

1. 気候:

   - アルザス地方は大陸性気候と海洋性気候の影響を受けています。

   - 冬は寒冷で、時には氷点下になることもあります。冬の間には降雪も見られます。

   - 夏は比較的暖かく、日中の気温は25℃を超えることもよくあります。夏の間には時折、

雷雨や暴風雨が発生することもあります。

   - 降水量は年間を通じて均等に分布していますが、山地部では雨量が多い傾向にありま

す。

 

2. 土壌:

   - アルザス地方の土壌は非常に多様で、ミネラル分豊富な石灰岩、粘土、砂などが含まれ

ています。

   - ワイン生産に適した土壌が多く、特にリースリング、ピノ・グリ、ゲヴュルツなどの白

ワインがよく栽培されています。

   - 土壌の多様性は、異なる品種のぶどうの栽培に適しており、アルザス地方はワイン生産

で知られています。

  

アルザス地方の気候と土壌の組み合わせは、高品質のワイン生産に適しており、世界

 中から多くのワイン愛好家を魅了しています。

 



  

- 1-2) アルザスワインの主な品種と特性

以下はアルザスワインの主要なブドウ品種とその特性です。

  1. リースリング (Riesling): アルザスで最も広く栽培される白ブドウ品種。 高い酸度とフルーティーなアロマが特徴。 辛口から甘口まで幅広いスタイルのワインが造られる。

  2. ゲヴュルツトラミネール (Gewürztraminer): 豊かな花の香りとスパイシーな味わいが特徴。 甘口から辛口までのバリエーションがあり、ドライでもリッチな味わい。

  3. ピノ・グリ (Pinot Gris): スモーキーでコク深い味わいを持つ白ブドウ品種。 フルーティーでリッチなワインが多い。

  4. ミュスカ (Muscat): 糖度が高い品種で、甘口ワインに仕上げられることが多い。 フローラルな香りとみずみずしい果実味が特徴。

  5. ピノ・ノワール (Pinot Noir): アルザスでは、白ワインが主流ですが、赤ワインのピノ・ノワールも栽培されています。 軽やかで果実味豊かな赤ワインで、ストロベリーやチェリーの風味が楽しめます。 さわやかな酸度と柔らかいタンニンが特徴です。

 

これらの品種はアルザスワインの個性を豊かに表現しており、食事とのペアリングで

も楽しめます。

 



2. アルザス地方を代表する郷土料理との絶妙な組み合わせ

    - 2-1) シュークルートとリースリングのペアリング

シュークルートは、アルザス地方の郷土料理であり、香辛料と一緒に塩漬けにし、

1週間程度発酵させた千切りキャベツを白ワインで煮込んだ料理です。ハムやソーセ

ージ、ジャガイモと煮込んだものが一般的ですが、白身魚やガチョウなどと煮込む 場合もあり、バリエーションが豊富です。酸味のある味が、白ワインやビールとよく

合います。が、シュークルートのコクと味わいを引き立てます。

   



- 2-2) アルザス郷土料理とワインのペアリングのコツ

  1. ベックオフ (Baeckeoffe): ベックオフは、肉と野菜を白ワインでじっくり煮込んだ料理です。 ワインペアリング: 辛口アルザスワインが合います

  2. フォアグラのパテ (Foie Gras): フォアグラはガチョウや鴨の肥大した肝臓のことで、アルザスではガチョウのフォワグラが特に知られています。 ワインペアリング: 甘口のアルザスワインがよく合います。

  3. ロレーヌ風キッシュ(Quiche à la Lorraine): フランス・アルザス=ロレーヌ地方に伝わる卵と生クリームを使った家庭料理。パイ生地やタルトの生地に、ベーコンや野菜・チーズ・クリームを加えた卵液を入れて焼き上げます。 ワインペアリング:辛口アルザスワインが合います

  4. マンステール (Munster): マンステールはウオッシュタイプのチーズで、アルザス風ピザのトッピングにも使われます。クリスマスシーズンにはクミンと共に食すのがアルザス風です。 ワインペアリング: アルザスのリースリングがおすすめです


アルザスの風土に根ざした料理と素晴らしいワインを楽しんでください!

 




3. アルザスワインと郷土料理の楽しみ方

    - 3-1) アルザスワインを活かした料理のレシピ

アルザス風 白ワインとチーズのフォンデュ

1.材料:

  • エメンタールチーズ: 200g (すりおろす)

  • グリュイエールチーズ: 200g (すりおろす)

  • アルザスワイン (例: リースリング): 200ml

  • ニンニク: 1片 (切り込みを入れる)

  • コーンスターチ: 大さじ1

  • ホワイトペッパー: 少々

  • フレッシュなバゲットや野菜 (カットして食べやすく)

2.手順:

フォンデュ鍋にアルザスワインとニンニクを入れ、中火で温めます。

チーズを少しずつ加え、溶けるまで混ぜ続けます。

コーンスターチを加えて、さらによく混ぜます。

ホワイトペッパーを加えて味を調整します。

バゲットや野菜にディップして楽しむ。


これらのレシピはアルザスワインの風味を最大限に活かすことができるものばかりで

す。ぜひ、特別な食事やイベントで試してみてください。

 

    - 3-2) アルザス地方のワイナリー巡り

  1. Domaine Weinbach ドメーヌ・ヴァンバッハは、キークハイム(Kaysersberg)に位置する歴史あるワイナリーで、ゲヴュルツトラミネールやリースリングなどの高品質な白ワインで知られています。ワイナリーの敷地内には美しい庭園もあり、訪れる価値があります。

  2. Domaine Zind-Humbrecht ドメーヌ・ザンド=ウンブレヒトは、トゥルクハイム(Turckheim)に位置する世界的に有名なワイナリーです。バイオダイナミック農法を採用しており、ゲヴュルツトラミネールやピノ・グリなどの独特なスタイルの白ワインを生産しています。

  3. Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マンは、ヴォルフィスハイム(Wettolsheim)に位置する優れたワイナリーで、オーガニック農法を中心に活動しています。リースリングやピノ・グリ、クレマン(スパークリングワイン)など、幅広い品種の白ワインを提供しています。

  4. Domaine Marcel Deiss ドメーヌ・マルセル・デイスは、ベルトヴィレール(Bergheim)に位置するワイナリーで、伝統的なアルザスのブレンドワインを特色としています。異なる畑からのブドウをブレンドすることで、複雑でエレガントなワインを生産しています。

  5. Domaine Ostertag ドメーヌ・オスタルターグは、エピナール(Epfig)に位置するワイナリーで、バイオダイナミック農法を取り入れたワイン造りで評価が高いです。ゲヴュルツトラミネールやリースリングなどの白ワインが人気です。


これらのワイナリーは、アルザス地方のワイン造りの伝統や特色を体験することができる場所です。ワイナリー巡りを楽しみながら、各地の美しい景色やユニークなワインを堪能してください。事前に予約をすることで、より充実したツアーや試飲が楽しめる場合もありますので、訪問前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

 

まとめ

アルザス地方は、その独特のワインと郷土料理で知られる地域です。今回の美味しいワイン会では、アルザスワインの特徴や産地、そして郷土料理との相性について楽しんでいただきました。ワイン好きやグルメの方々も、アルザス地方の風味豊かなワインと料理を楽しむことで、アルザスのワインと郷土料理の素晴らしい組み合わせを、ぜひ自宅でも試してみてください。


Mandouの美味しいワイン会ではテーマ産地を代表する郷土料理の「自宅で作れるワイン産地の郷土料理レシピ」をお持ち帰りいただいています。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page